【施工】ご新築を機に家中浄水に!! 富山県A様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



 

 

 

 

 

 

富山県A様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

今までキッチンにアルカリイオンの浄水器がついていたそうですが、新築を機に家中を浄水したいとの思いから弊社のセントラル浄水器ReFINEを導入してくださいました!

ご新築が完成した頃はまだ積雪が残っていたため、雪が無くなるまで待ってから設置工事にお伺いしました。お待たせして申し訳ございませんでした。

それでは、A様邸の設置工事を見ていきましょう!



 

 

 

 

 

 

設置作業に入る前にA様邸の原水(水道水)をDPD試薬で塩素チェックをしたところ、写真のようにかなり濃いピンク色に発色しました。(DPD試薬は塩素濃度が高いほど濃いピンク色に発色します。)

地域や場所によっては、家の蛇口から出てくる水からプールの基準値よりも高濃度の塩素が検出されることがあります。

また、水道水に含まれる塩素量は季節によっても変わります。気温や水温が高くなるにしたがって雑菌の繁殖が活発になるため、夏は冬に比べて水道局が水道水に投入する塩素濃度が高くなります。

A様邸はご新築なので、仕様や設置場所について直接工務店様とお打ち合わせさせていただき、あらかじめ水道管の配管を立ち上げていただきました。

浄水器を設置する際は水道管を掘り起こす必要があるため、配管箇所がコンクリートの場合、ハツリ工事が必要になります。

ご新築の場合はあらかじめ配管を立ち上げていただくと、ハツリ作業をすることなくスムーズかつ見た目も綺麗なまま仕上がります。



 

 

 

 

 

 

立ち上げてある水道管です。工務店様が水の流れる方向を矢印で書いてくださっていました。



 

 

 

 

 

 

立ち上げてあった水道管から浄水器に配管を繋げます。



 

 

 

 

 

 

今回はカバー付きでの設置です。

浄水器本体と配管にしっかりと保温材を巻き付けます。



 

 

 

 

 

 

カバーを閉じて設置完了です。



 

 

 

 

 

 

浄水器設置後、再度A様邸のお水をDPD試薬で水質チェックをします。

設置前は塩素濃度が高く濃いピンク色に発色していた水道水が、設置後は塩素が除去されて透明なお水になりました!

A様、何度も積雪の状況等をご連絡いただきありがとうございました!

今後とも長いお付き合い、宜しくお願い致します!