【施工】特殊構造のパイプスペースにも設置できました!! 神奈川県H様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



神奈川県H様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

H様のお住まいのマンションではもともと備え付けの蛇口型浄水器がついており、飲用と料理だけは浄水されたお水を使用していたそうですが、浄水の程度がよくわからず不安だったためマンションにも設置できるセントラル浄水器を探していたそうです。

マンションの場合、パイプスペース内に設置することになります。パイプスペースが狭く設置できるスペースがないと他社様でお断りされるケースもあるようですが、弊社では設置が可能な場合もあり、たくさんの方にお喜びいただいております。設置の仕方を工夫することもできるので、ぜひ一度ご相談下さい!

W(幅)300mm × D(奥行)160mm × H(高さ)800mm ほどのスペースがあれば設置可能です。



※ただ、この寸法はあくまでも目安であり、上記の寸法内に収まっていても設置できない場合があります。また、どうしても直置きの寸法が取れないお客様の場合、壁掛け式での対応も可能(※直置きでの有効寸法が壁にある場合のみ)ですが、マンションやビルなどの共用部分は、穴あけや固定等、出来兼ねる場合がございますのであらかじめご了承ください。

それでは、H様邸の設置工事を見ていきましょう!



設置工事に取り掛かる前にH様邸の原水(水道水)をDPD試薬で簡易水質検査を行ったところ、濃いピンク色に発色しました。かなり塩素濃度の高いお水だということがわかります。

(DPD試薬は国の管理する浄水場でも使用される残留塩素の濃度をチェックする試薬です。塩素濃度が高いほどピンク色が濃くなります。)



H様より事前にお送りいただいたパイプスペース内のお写真を拝見すると、特殊な構造となっており、かなり広いスペースがありましたので、H様にご希望の設置場所を決めていただきました。



写真奥が今回ReFINEを設置する場所です。

写真手前の水道メーター横から新しく配管を繋げていきます。



黄色で囲んだ箇所から新しく繋げます。



設置場所まで配管を延ばしていきます。



浄水器に繋いだら、延長した配管に保温材を巻きつけていきます。



浄水器本体と配管すべてに保温材を巻き終わり、設置完了です!

H様、今後とも長いお付き合い、宜しくお願い致します!