【施工】ランニングコストNo.1!神奈川県M様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



神奈川県M様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

ご新築へのお引越しを機に弊社のセントラル浄水器ReFINEの導入を決めてくださいました!ありがとうございます!!

弊社の浄水器を選んでくださった決め手をお聞きしたところ、ランニングコストがNo.1、また、施工ブログが頻繁に更新してあるので安心感があったからとのことでした。

まだまだ施工ブログに載せていない施工例がたくさんございます!今後も続々とアップしていきますので、過去の施工例もあわせてぜひご覧ください!!

それでは、M様邸の設置工事を見ていきましょう!



浄水器設置にあたりお家と水道メーターの位置関係がわかるお写真を送っていただいたところ、水道メーター周辺とご希望の設置場所がコンクリートだったため、当初はハツリ工事をする予定でした。



ただ、せっかくのご新築なのでなるべく斫らないように設置したいため、水道配管図面を住宅メーカー様から取り寄せていただいたところ、住宅横の砂利部分を水道配管が通っており、砂利部分に設置することでハツリ工事無しで設置できることになりました!

※お打ち合わせの際、お客様のご希望の設置場所をお伺いし、お写真や図面をもとに設置に最適な場所をご相談・ご提案いたします。



施工日当日、設置工事に入る前にDPD試薬で簡易水質検査を行います。

濃いピンク色に発色しています。(DPD試薬は国の管理する浄水場でも使用される残留塩素の濃度をチェックする試薬です。塩素濃度が高いほどピンク色が濃くなります。)

次に、テストプラグを打って、この場所に浄水器を設置すれば確実に全てのお水が浄水になるかを確認します。



まずは水道メーターを閉じ断水し、配管を切った状態で切り口にキャップを付け、メーターを開けて通水後に宅内のお水が出ていないかを確認します。

水の流れを止めた状態でまだお水が出てくる蛇口があれば、この箇所より手前で水道配管が分岐していることになり、全てのお水が浄水器なりません。

お庭の散水栓も含めて敷地内全てのお水が浄水になることが確認できたので、浄水器の設置作業を開始します。

今回はカバー付きでの設置です。



浄水器に繋げるため配管を延ばしていきます。



浄水器に配管が繋がったら掘り起こした土・砂利を埋め戻し、浄水器本体と露出している配管に断熱材を巻きつけます。



しっかりと丁寧に巻きつけています。

全て巻き終わったらカバーを閉じて設置完了です。



住宅横にすっきりコンパクトに収まっています。外観を損ねることもありません!



設置後に再度DPD試薬で検査します。

設置前は濃いピンク色に発色していたお水が、ペットボトルの中にお水が入っているのがわからないくらい透明で綺麗なお水になっています!

M様、今後とも長いお付き合い、宜しくお願い致します!