【施工】四国の離島での設置です!香川県S邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



香川県S様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

香川県の離島にお住まいのS様、資料請求の際に「離島でも設置可能か?また、水道水に含まれる少量の泥も除去できるか?」とのご質問をいただきました。

弊社には全国各地に提携業者がおりますので、どこでも設置可能です!

また、微量の土や泥も除去できます! 弊社のセントラル浄水器ReFINEは国産の不織布と活性炭フィルターを使用しているため、水圧低下や水量の変化はほとんどありません。

それでは、S様邸の設置工事を見ていきましょう!

弊社では現地下見を行っておらず、メールまたはお電話にて設置の事前お打合せをさせていただいております。

基本的には以下の3か所の写真を撮っていただき、添付メールにて弊社まで送っていただきます。

・水道メーター写真(できればアップで)

・メーターからご自宅の位置関係がわかる写真

・セントラル浄水器の希望設置場所(設置希望場所にタオル等、目印になるものを置いてください。)



S様にも事前のお打合せでご希望の設置場所と水道メーターとの位置関係がわかるお写真、水道配管図面を送っていただきました。

ご希望の設置場所に新聞紙を目印に置いていただいています。



水道配管図面で水道メーターからご希望の設置場所の下を水道管が通っていることを確認できたので、配管が通っている深さまで掘削します。



土を掘り進めたら配管が見つかりました。



既存の配管を切断し、浄水器に繋げるために新しく配管を延ばしていきます。



浄水器の設置場所まで配管を延ばして立ち上げます。



水道配管を浄水器に繋げた状態です。



オレンジ色の矢印から原水(水道水)が入り、浄水器を通って浄水されたお水(緑色の矢印)が水道管へ戻り宅内へと入っていきます。水道メーターの近くに設置することで宅内はもちろん敷地内にある散水栓など全てのお水が浄水になります!



今回はカバー有りでの設置です。

浄水器本体と配管に断熱材を巻き付け、カバーを閉じたら設置完了です。



掘削した土を綺麗に埋め戻して作業終了です。

玄関横の塀の内側にスッキリと収まりました。外観を損なわないシンプルでコンパクトなところもReFINEの魅力です!



最後にお水が浄水になっているかをお客様と一緒にDPD試薬で確認します。

左が設置前の原水(水道水)で、右が設置後のお水です。

設置前はピンク色に発色していたお水がクリアで綺麗なお水に生まれ変わりました!



時間があったので島内を散策。綺麗な景色ですね✨



島へは船で移動しました。

S様、今後とも長いお付き合い、宜しくお願い致します!