【施工】リフォーム後のマンションに設置しました!!千葉県W様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



千葉県W様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

資料請求をいただいた際、これからリフォームして転居予定のマンションに設置を検討中、リフォーム前と後どちらでも設置可能か?また、最適なタイミングなどはありますか?とのご質問がありました。

浄水器の設置は基本的にはお引渡し後(物件がお客様の所有物になっている)となります。

マンションでの設置の場合、パイプスペース内に設置いたしますが、水道管の配管を変えないのであればリフォーム前でも設置可能です。

ただし、設置のタイミングとしては水道栓の開通後のほうがスムーズかと思います。

水道栓開通に設置・・・設置工事の際に施工担当が簡易水質検査を行います。

水道栓開通に設置・・・水道栓開通後にお客様のほうで簡易水質検査を行っていただくことになります。

(浄水器本体に「原水/浄水切替バルブ」がございますので、お客様のほうで簡単に原水(水道水)から浄水への切り替えができる仕組みとなっております。)

それでは、W様邸の設置工事を見ていきましょう!



お打合せの際にお送りいただいたパイプスペース内の写真です。

白い箱状のものが水道メーターです。

床には設置できるスペースが取れないので、壁掛けでの設置となりました。

壁掛けでの設置例 



パイプスペース内に高さ800mm、幅300mm、奥行160mmのスペースが確保できれば設置可能です。

ただし、マンションやビルなどの共用部分は、穴あけや固定等、出来兼ねる場合がございます。

また、もともとの設置スペース等の設計が小さく、やむを得ず設置ができない場合がありますので予めご了承ください。(資料の中に同封の「設置ご案内書(集合住宅)」を管理組合様にお渡しいただけますとスムーズです。)



浄水器をパイプスペース内に入れ、もともとの水道管を浄水器に繋げていきます。

作業時間は1~2時間程ありましたら完了する場合が多いです。

当日の作業工程としましては、ご挨拶→断水→既設の配管を切断→ReFINEへ繋ぎ込み→浄水テストとなります。



設置の際、配管は塩ビ管を使う場合が多いのですが、今回は設置スペースが限られているため、フレキシブル管を使い浄水器に繋げました。



設置が完了しました。

パイプスペース内にスッキリと収まりました!



設置後、Y様邸の原水(水道水)をDPD試薬でチェックして設置工事終了です。

DPD試薬は塩素に反応してピンク色に発色しますが、浄水器設置後はご覧のとおり発色のない透明で綺麗なお水になっています!

マンションのパイプスペースが狭く設置できるスペースがない と他社でお断りされた方も、弊社で設置が可能な場合もあり、お喜びいただいております。設置の仕方を工夫することもできるので、ぜひ一度ご相談下さい!

W様、今後とも長いお付き合い、宜しくお願い致します!