【施工】無料で水質検査ができるのが魅力!東京都S様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



東京都S様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

S様は弊社の無料水質検査で浄水性能を確認してReFINEの導入を決めてくださいました!

セントラル浄水器は家中まるごと浄水にする大切な装置です。

お客様に納得して導入していただけるように、弊社では浄水器をご検討の際は水質検査を行うことをお奨めしています。

セントラル浄水器メーカーの中でReFINEだけが無料で水質検査をしています!

また、弊社は市町村の浄水場を対象にメンテや機器の納入などを行っており、大学や市町村の上下水道部など、浄水場を中心に仕事をしています。そのような経験をぜひ一般の方を対象に活かしたいと始めたのが「セントラル浄水器ReFINE」です!

それでは、S様邸の設置工事を見ていきましょう!



事前のお打合せで、水道メーターはご自宅と外壁の間にあるので、青で丸をつけてある部分あたりに設置してほしいとのご希望でした。

配管箇所がコンクリートのため、ハツリ工事が必要になります。

※ コンクリート復旧工事の際、仕上がりの色合いが既設のコンクリートと色合いに差が出てしまいますのでご了承ください。



施工日当日、水道メーター付近のご自宅側の壁沿いに設置することに決まりました。



お隣様との間のフェンスにカバーをして設置工事を始めます。



水道メーター横のコンクリートをハツり、水道管を浄水器に繋げます。

水道メーターに近い場所に設置することで、ハツリ箇所をなるべく最小範囲にとどめ、かつ確実に家中すべてのお水を浄水にすることができます。



浄水器本体と配管に断熱材を巻き付け、ハツったコンクリート部分を復旧して設置工事完了です。

色が違う部分がハツリ工事箇所です。



最後にDPD試薬で塩素が確実に抜けていることをお客様と確認し、お引渡しとなります。

(DPD試薬は国の管理する浄水場でも使用される残留塩素の濃度をチェックする試薬です。塩素濃度が高いほどピンク色が濃くなります。)

設置前は塩素に反応して濃いピンク色に発色しているのがわかりますが、設置後は塩素が除去されて透明なお水になりました!

S様、今後とも末永いお付き合いの程よろしくお願い致します!