【施工】沖縄県での設置です!沖縄県O様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



沖縄県O様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

日本の水道水は水道法によって塩素消毒を義務付けられており、浄水場から遠い家庭まで塩素の消毒効果を保つため、地域によって残留塩素の濃度が違います。

そして、沖縄県では塩素濃度が最も高いと言われています。

また、沖縄県では、水道の供給が貯水槽(屋上などに取り付けるタンク)に一旦水を溜め、その貯水槽から各家庭へ水が供給されるという仕組みになっているケースが多々あり、水道水の衛生面が気になる…という方も多いようです。

弊社では貯水槽をご使用の場合に限り銀添着の活性炭フィルターを推進させていただいております。銀の抗菌作用によりバイオフィルムの発生を抑止できる可能性がございます。

※ただし、敏感な金属アレルギーなどの方にはお勧めしておりません。

最近では家を新築する際に直圧式(タンクに水を溜めず、水道本管から直接水道を供給)にするケースも増えてきているようで、この場合は銀添着の活性炭フィルターではなく通常のフィルターでご使用いただけます。

通常のフィルターでは「銀抗菌剤」や「金属系抗菌剤」は一切使用しておりません。ヤシ殻活性炭とピュア不織布の組み合わせで、最大の浄水性能を出すために設計されております。

前置きが長くなりましたが、それでは、O様邸の設置工事を見ていきましょう!

O様は弊社の無料水質検査で結果を確認後にお申込みいただきました。

設置工事の際にも設置前と設置後に簡易水質検査を行いますので、お客様ご自身の目で確認していただけます。



水質検査では濃いピンク色に発色し、塩素濃度が高い結果となりました。(DPD試薬は塩素濃度が高いほど濃いピンク色に発色します。)



お打ち合せの際、住宅横に設置したいとのご希望でした。(青丸で囲ってある位置)

図面で水道配管経路を確認させていただき、ご希望の場所で問題なく設置できそうです。

ただし、コンクリートなのでハツリ工事が必要になります。



ハツリ箇所をカッターで切っていきます。



水道配管が見つかったら切断し、浄水器へと繋げます。



浄水器の設置が完了したらハツリ箇所をコンクリート復旧します。



設置及びコンクリート復旧が終了しました!



コンクリート復旧につきましては、仕上がりの色合いがどうしても既設のコンクリートと色合いの差が出てしまいます。

  

施工終了後は沖縄の夜を満喫!



別件の仕事との合間に釣りをしています。沖縄出張で羽を伸ばしているようですね。

O様、今後とも長いお付き合い、宜しくお願い致します!