【施工】銀イオン不使用なのが魅力!!滋賀県K様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



滋賀県K様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

K様はミネラルを添加するタイプのウォーターサーバーをご使用していたそうですが、コストが気になる、水道水の塩素が気になる、、、とのことで弊社のセントラル浄水器ReFINEをご検討くださいました。

ウォーターサーバーではコスト面が気になる、飲料用や料理にしか使えない等の理由からセントラル浄水器に切り替えてくださるお客様もたくさんいらっしゃいます。

弊社のセントラル浄水器ReFINEは、水道水の塩素、不純物を取り除くための浄水システムなので、浄水後のお水へのミネラルの添加や、アルカリ水にしたり酸性水にしたりすることは不可能です。ただし、もともとの水道水に含まれるミネラル=カルシウムやマグネシウム等はReFINE通水後もほぼそのままご使用いただけます。

また、ReFINEで使用しているフィルターカートリッジでは「銀抗菌剤」や「金属系抗菌剤」は一切使用しておりません。

多くの浄水器に使用されている銀(銀イオン)は塩素やトリハロメタンなどと反応し少しずつ溶出してしまいますが、弊社のセントラル浄水器ReFINEは、ハウジングやろ材など、構成部材全てに金属系抗菌剤を使用していません。
カートリッジフィルターは、ヤシ殻活性炭とピュア不織布の組み合わせで、最大の浄水性能を出すために設計されておりますので、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただけます!

それでは、K様邸の設置工事を見ていきましょう!

設置についての打ち合わせは主にメールで行います。K様からご希望の設置場所等のお写真を添付メールにてお送りいただき、綿密にお打合せをさせていただきました。



K様のご希望の設置場所は住宅横のエアコン室外機付近でした(写真:黄色の丸)。

接地面は土なのでハツリ工事の必要もなく設置できそうですが、水道配管図面が無いとのことだったので、施工日当日に配管箇所を確認することになりました。



施工日当日、散水栓から水道管をたどって本管の経路を予想し、あたりをつけて掘削してみます。水道メーターからまっすぐに住宅横まで水道配管が来て、散水栓に分岐していると予想しました。(写真:白線が予想した配管経路です)



散水栓付近を手作業で丁寧に掘ってみます。



水道配管を発見しました!



散水栓への分岐手前で配管を切って立ち上げ、通水テストを行います。

   

切った配管にキャップをして水の流れを止め、宅内の全ての蛇口からお水が出ないことを確認します。(もしこの状態でまだ宅内の蛇口からお水が出るようなら別ルートの配管があることになるので、全てのお水が浄水になりません。)



通水テストでこの位置から浄水器に繋げれば全てのお水が浄水になることがわかったので、ここから配管を延ばし浄水器に繋げます。



ご希望通りの設置場所まで配管を延ばすため地面を掘っていきます。



延ばした配管を浄水器に繋げます。



今回はカバー有りでの設置です。

浄水器本体と配管に保温材を巻き付け設置完了です!



掘り起こした土を丁寧に埋め戻します。



カバーを閉じて施工完了!!

エアコン室外機の並びにキレイに収まりました!

K様、今後とも末永いお付き合いの程よろしくお願い致します!