【施工】隣家とのスペースが狭くても大丈夫!東京都K様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



東京都K様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

K様は浄水器設置にあたり、お隣との間が狭いため設置できるかどうか、また、水道メーターからご自宅までがコンクリートのためハツリ工事が必要になるかどうかを心配されていました。



セントラル浄水器は水道配管上に設置するタイプの浄水器なので設置場所によってはコンクリートハツリ工事が必要になります。設置工事後はセメント復旧を行いますが、仕上がりの色合いがどうしても既設のコンクリートと色合いの差が出てしまいます。

そのため、弊社では事前にご希望の浄水器設置場所や水道配管図面等をお送りいただき、なるべくハツリ工事の無いような施工をご提案させていただきます。

設置に関するご相談も無料で受け付けておりますので、セントラル浄水器の導入をご検討されている方はぜひ一度ご連絡ください!

それでは、K様邸の設置工事を見ていきましょう!



事前にお聞きしていたとおりK様邸と隣家との間が狭く、人が1人入るのがギリギリのスペースでした。写真に写っているのは施工にお伺いした弊社のマスダです。



水道配管図をもとに、家中まるごと浄水にするため給湯器の手前で浄水器に繋げ、浄水器の奥まで配管を延ばして設置することになりました。

これでハツリ工事の必要もなく、掘削も少ない範囲で設置できます!



給湯器の下を掘削し、水道配管を見つけます。

   

給湯器の手前で配管を切断し(写真:黄色の〇)、浄水器に繋げるための配管を繋げていきます。



設置場所が給湯器の奥なので、新しく繋げた配管を延ばしていきます。



延ばした配管を浄水器に繋げます。

今回はカバーありでの設置です。

カバーにつきましては、いたずら等の防止や、お客様によっては外観を気にされる方もいらっしゃるので、カバー付きをお勧めさせていただいておりますが、カバー無しでも性能に変わりはありません。



狭いスペースでも余裕の表情で施工しているベテラン施工部長・マスダです。



配管を浄水器に繋いだら、露出している配管に保温材を巻き、掘り起こした土を綺麗に元通りに埋め戻して完了です。



リファインの設置スペースは土台を含めて約25㎝です。

今回のK様邸はご自宅と隣家とのスペースが約60㎝でしたが、このぐらいのスペースがあればカートリッジ交換も可能です。



設置後の写真です。ちょうど大人が1人分のスペースに綺麗に収まりました。

狭いスペースでも設置できるコンパクトでスタイリッシュなところもReFINEの魅力です。

K様、今後とも長いお付き合い、宜しくお願い致します!