【施工】ご新築での設置が増加中です!兵庫県A様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



兵庫県A様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

今回もご新築での設置をご紹介します!

ご新居の建築に伴ってセントラル浄水器を設置される方の割合が増えてきたように感じます。

実は、セントラル浄水器はご新築の方にはぜひ設置を検討していただきたい浄水器なのです!

水道水に含まれる残留塩素をはじめとする有害物質や赤サビ、ゴミ等は水道管の劣化の原因になります。

ご新築の場合、配管が新品の状態で、かつ錆びにくい素材の配管を使っているので、綺麗な状態からセントラル浄水器を使うことで配管が長持ちします。

また、セントラル浄水器は水道配管上に設置タイプの浄水器なので、1台で毎日の生活で使用する全てのお水が浄水になります!お風呂やシャワー、洗濯、トイレの温水洗浄等々、全てのお水が浄水になるので、ストレスフリーで快適な日常生活を送ることができます!

それではA様邸の設置工事をみていきましょう!



A様はセントラル浄水器の仕組みをご理解してくださっており、事前に設置場所で配管を立ち上げてありました。



事前お打ち合わせで設置場所のお写真をお送りいただき確認したところ、立ち上げてある配管付近にマスがあったので(写真:赤〇部分)、マスを避けて設置することになりました(写真:青字「本体」の場所に浄水器を設置します)。



設置工事に入る前にA様宅の原水(水道水)をDPD試薬で水質検査をします。

残留塩素に反応して濃いピンク色に発色しています。(DPD試薬は国の管理する浄水場でも使用される残留塩素の濃度をチェックする試薬です。塩素濃度が高いほどピンク色が濃くなります。)

設置工事に取り掛かります。



立ち上げて地上で繋いである水道管を浄水器に繋げるため、配管の下の砂利部分を少し堀り下げます。



地上より10㎝~15㎝ほど掘削したところで配管を切断し、浄水器に繋げます。



浄水器への繋ぎ込みが終わりました。



原水(水道水)が浄水器に入り(黄色の矢印)、本体を通って浄水されたお水が元の配管に戻って宅内へと流れていきます(赤色の矢印)。



こちらは施工途中での1コマ。弊社施工部長の舛田(マスダ)です。



最後に浄水器本体と配管に保温材を巻き、掘り起こした土を綺麗に戻して設置完了です。



スタイリッシュでオシャレなA様宅の側壁にスッキリと収まっています。外観を損ねず邪魔にならないコンパクトさもReFINEの魅力です!



設置後に再度DPD試薬で塩素チェックをします。

設置前は塩素に反応してピンク色に発色していた水道水が、設置後は発色もなく透明なお水になっているのがわかります。

A様が快適な浄水生活を送られますことをお祈りいたします。

今後とも末永いお付き合いの程よろしくお願いいたします!