【施工】設置に最適な場所をご提案いたします!京都府S様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



京都府S様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

S様からはセントラル浄水器導入にあたりフィルターの性能や他社様との違いについて等、ご質問いただきました。

弊社のセントラル浄水器ReFINEと他社様のセントラル浄水器との一番大きな違いは、レンタル費用月々2,760円(税抜)でフィルター・カートリッジが無料で何度でも交換できる点です。
なぜ無制限で何度でもカートリッジ交換ができるのか?

それは、“毎日継続的に快適なお水でお過ごしいただきたい”
と考えているからです。
水量・水質は、各ご家庭・地域によって大きく異なり、お水に敏感な方が、臭気、不快感を感じた時にいつでもカートリッジを交換していただきたいからです。
水道使用量・水質が異なれば、当然カートリッジの消耗速度にも影響してきます。

そのため、弊社ではカートリッジの数量はお客様のリクエストにお応えして何度でも交換させていただきます。
そうすることにより、毎日継続的に快適なお水でお過ごしいただけると考えているからです。

また、多くの浄水器に使用されている銀(銀イオン)は塩素や近年発がん性物質として指摘されているトリハロメタンなどと反応し少しずつ溶出してしまいますが、弊社のセントラル浄水器ReFINEは、ハウジングやろ材など、構成部材全てに金属系抗菌剤を使用していません。 金属アレルギーの方にもご使用していただけるよう金属系抗菌剤は一切使用しておりませんので、安心してお使いいただけます。

セントラル浄水器は決して安いものではありません。導入に際してのご不明な点や疑問点はどんなことでもご質問ください!ご納得いただけるよう誠心誠意ご対応させていただきます!

それではS様邸の設置工事をみていきましょう!

ReFINEをご契約の前に無料水質検査をお申込みいただきましたが、施工前にも原水(水道水)をDPD試薬で水質検査をします。



どちらも残留塩素に反応して濃いピンク色に発色しているのがわかります。(DPD試薬は国の管理する浄水場でも使用される残留塩素の濃度をチェックする試薬です。塩素濃度が高いほどピンク色が濃くなります。)



S様が配管図面をもとに水道配管経路をハウスメーカー様に確認を取ってくださったので、浄水器設置にベストな場所をご提案いたしました。



施工日当日、水道メーター付近を掘削し、水道管の位置と配管経路を確認します。

設置場所はご自宅の裏側です。



浄水器を仮置きし、地面を掘削します。



土が断層のように固く掘削作業が難航しましたが、手作業で掘っていきます。



かなり深い地中に埋まっている水道管が見つかりました(黄色の〇で囲んである部分が水道管です)。



配管を切断し、新しく繋いで浄水器まで延ばしていきます。



配管を浄水器に繋げます。



浄水器への繋ぎ込みが終わったら、浄水器本体と配管に保温材を巻き、掘り起こした土を綺麗に戻して設置完了です。



今回はカバー付きでの設置です。

カバー無しでも性能に変わりはありませんが、戸建てにお住まいの方はいたずら防止や外観を気にされる方もいらっしゃるのでカバーを付けられる場合が多いです。

設置後に再度DPD試薬で塩素チェックをします。



設置前は塩素に反応してピンク色に発色していた水道水が、設置後は発色もなく透明なお水になっているのがわかります。

      

ステンレス製のシンプルなデザインなのでS様邸の外観を損ねることなく設置できました。S様邸の敷地の外から見ても違和感なくおさまっています。

S様、今後とも末永いお付き合いの程よろしくお願い致します!