心に刺さる!「アフリカのことわざ」



いつもお世話になります。エイチツーの長谷です。

未だ終わりの見えないコロナ禍・・・

それに伴う大不況の足音・・・

不安とフレストレーションが徐々に高まっている今日この頃、憂鬱な毎日に皆さまにお届けするのは

心に刺さる!「アフリカのことわざ」です。

雄大な自然を感じさせることわざで、今日を乗り切れるはずです。

アフリカのことわざ、まずはコチラです ↓



えっ?

どういう意味?

そうなんです、アフリカのことわざは謎過ぎて未だに意味がわかっておりません。

どれだけ愛し合った二人でも、死が二人を離れ離れにします。

広大な宇宙でさえ終わりがあると言います。

でもバナナには終わりが二つあるみたいです。

なんだかハッピーになれますね!

 



なるほど、ウングジャ島にもあれば、ペンバ島にもありますようね。

だから安心して、ペンバ島での生活を暮らせそうです。

ちなみに2つの島の距離はだいたい50~60kmぐらい離れた島のようです。

確かに、名古屋にあるモノは各務ヶ原市にもありそうです。

 

如何だったでしょうか?

明日から嫌なことがあっても「バナナにはふたつあるしな」という感じでちょっぴり前向きに皆様がなれば幸いです。

なお、長谷が一番好きなアフリカのことわざは【ココナッツに汁がどうやって入るのか、誰にもわからない】というものです。

明日から仕事なんかせずに、木の陰で一日中のんびりしようかと思います。