~ 鍾乳洞探検記 ~ From DOI



鍾乳洞は夏は涼しく・冬は暖かい

鍾乳洞は寒いというイメージがあると思いますが、実はその地域の年間平均気温とほぼ同じと言われています。

夏場は涼むのに最適ですが、冬に行くと逆に暖かく感じるのです。

静岡県「竜ヶ岩洞」

今年(11月)に行ってきたのは、東海地方最大の鍾乳洞、浜松にある「竜ヶ岩洞」。

家族で行ってきました。自分が子供の時は親と、学生の時にお友達と、社会人になってからは彼氏と・・誰と行っても楽しめる行きやすい洞窟です。

 

1051mと規模の大きな鍾乳洞で、その内約400mを見学することができます。
約30分で一周でき、洞内気温は年中 度と安定しているので、子連れでも行きやすいスポットです。

それでは中に入っていきます‼

 

中はしっかり整備されていて天井も高いので、大人でもかがまなくて歩きやすいです。

石や鍾乳洞に色々な形のものがあり、それぞれ名前が付けられています。

その数は50以上。みどころたっぷりです。

途中狭いスポットに寄り道できる場所もあり、子供達は大喜び。狭ければ狭いほど、なぜか子供たちのテンションは高くなるものですよね。

 

(土井的)興奮スポット「竜の抜け穴」

現在地が今いる場所。でも洞窟はまだまだ奥につながっているのです。残念ながら安全に行けるのはここまで。ですが奥がどうなっているのか・・想像するとワクワクしてきます。

 

通れるのかドキドキ「びょうぶ岩」

切り立つ岩壁の間を通り抜けるのは地底の醍醐味です。この狭い通路を抜けないと先には進めないのです。

子供たちは余裕。

しかし太ってしまった土井&パパは・・

なんとか通れて一安心でした。



鍾乳洞の一番の見どころ「黄金の大滝」

さあとうとうたどり着きました。

この鍾乳洞の一番の見どころ「黄金の大滝」です。

日本一の地底の滝です。天井の中心から落差30m、水しぶきが気持ち良いです。ライトアップされた幻想的な空間が広がっています。

 

そして進むと、舞い上がる姿に見惚れる「鳳凰の間」

自然が織りなす神秘の世界です。

 

入口のところでは、コウモリが飼育されています。

コウモリの生態などの解説を聞きながらスタッフの手からバナナやリンゴを食べるコウモリの姿をられます。

怖いイメージだったコウモリですが、近くで見るとお目目が可愛い♡



鍾乳石は1センチ伸びるのに約百年かかる

豆知識なのですが、鍾乳石は1センチ伸びるのに約百年かかると言われています。

天井にたくさんぶら下がっている鍾乳石、一つ一つが何千・何万年かけて成長したのです。

子供たちに教えたところ、「これは   センチぐらいだから三千年もかかったの?」とビビる・・

一度壊れた鍾乳洞は元に戻りません。大事にしてね、と言い聞かせました。

夏場の暑い季節に涼みたい、子供や家族で探検気分を味わいたい、暗闇を手を繋いで歩きたいカッッル・・洞窟には神秘な世界が広がっていますので、おすすめです。