【施工】水道管を立ち上げ済みだからスムーズに設置!! 大阪府Y様邸

水質を無料で検査ーだから失敗しない
セントラル浄水器ReFINE施工実績のご紹介です。

絶対失敗しない理由はコチラ→http://www.refine-h2.com/?page_id=1613



 

大阪府Y様邸、セントラル浄水器ReFINEの施工レポートです!

今回もご新築での設置のご紹介です。

Y様はご新築を機にセントラル浄水器を導入したいと思い、数あるセントラル浄水器メーカーの中から弊社のReFINEを選んでいただきました。ありがとうございました!!

セントラル浄水器は蛇口取付型浄水器などに比べ設置時の初期導入費が高価なため、検討される方は色々なメーカーを調べられることが多いようです。

その中でも弊社のセントラル浄水器ReFINEは、「セントラル浄水器メーカーで一番ランニングコストが安い」のに「カートリッジは無料で交換し放題」です!!

また、1台で家中まるごと浄水されるため、どの蛇口からも浄水されたキレイな水が出てくるのが魅力です!

 

それではY様邸の設置工事をみていきましょう!

設置に伴い、Y様より水道メーター付近、ご希望の設置場所のお写真や配管等々、たくさんの資料をご提供いただきました。

ご新築の場合、諸検査(水道・ガス・電気等)が終わり、お引き渡し後に浄水器の設置という流れになります。

お引渡の前に水道検査が必ず行われますが、水道検査前に浄水器を設置してしまいますと、万が一漏水などあった場合などの責任の所在が明らかにならず、迅速に対応できなくなる恐れがあるためです。

ご新築で浄水器設置をお考えの方はぜひご相談ください。

住宅施工会社様にお伝えする文書等もご用意しておりますのでお任せください!

 



浄水器設置前の原水(水道水)の状態をDPD試薬で検査した写真です。

かなり濃いピンク色に発色しており、塩素濃度が濃いことがわかります。

(DPD試薬は国の管理する浄水場でも使用される残留塩素の濃度をチェックする試薬です。塩素濃度が高いほどピンク色が濃くなります。)

 



Y様とハウスメーカー様が非常に強力的で密に連絡を取り、水道管も立ち上げていただいていたため、浄水器の設置がスムーズに進みました。(写真:黄色の〇で囲んである部分が立ち上げていただいた水道管です)

 



立ち上げていただいていた水道管を切断し、浄水器に繋ぎ込み、配管に保温材を巻き付けたら設置完了です。

 

今回もカバー付きでの設置です。

戸建て住宅にお住まいの方はカバー有りを選ぶ方が多いようです。

お家の外観を損ねることのないシンプルでコンパクトなカバーはお客様にもご好評をいただいています。

※カバーの有無によって浄水性能に違いはありません。また、カバーの後付けはできませんのでご了承ください。



設置後にDPD試薬で塩素が確実に抜けていることをお客様と確認し、施工終了となります。

設置前は濃いピンク色に発色していた原水(水道水)が設置後は発色もなく透明で綺麗な浄水になりました!

Y様、今後とも末永いお付き合いの程よろしくお願い致します!